FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たけのこ頂きました(*^_^*)

土がついたままの掘りたての
「たけのこ」
3本、頂きました~♪

早速、茹でました~ヽ(^o^)丿
たけのこ茹で
<ゆで方>
①たけのこは、よく洗って土を落とします。皮を2,3枚はがし、縦に切れ目を入れておきます。
②鍋に、たっぷりの水を入れ、米ぬかを加え、強火にかけます。たけのこが、キュウキュウにならないように余裕をのある大きさで煮ます。水だけでなく、米のとぎ汁も加えると、えぐみが取れやすいですよ。
③煮立ったら、たけのこが「クツクツ~」ってなる感じの火加減にして、落とし蓋をして煮込みます。
④途中、水がなくなって、たけのこが出ていたら、水をかぶる位まで入れます。1時間前後で、根元の方に竹串がスッと通れば、出来上がりです。

そして、つい最近、読んだ
高田 郁さんの「みをつくし料理帖」
に出てくくる、梅干しをたけのこの皮で包んだ 昔のおやつ も作ってみました。
そうしたら、やっぱり先日、NHKの朝いちで、この料理の話 が出たのでびっくり~(゜o゜)!。
でも、残念なことに、どなたも知っている方がいなくて、話題が広がらなく、
一人で、テレビに向かって
「知ってる~!この間、作った!!」と騒いでしまい、やけにむなしかったのでした・・・(ToT)/(泣)

たけのこ出来上がり
<昔のおやつの作り方> ☆「みをつくし料理帖」参考
①茹で上がったたけのこから剥いだ皮で、中の方の柔らかい皮を使います。
②皮の産毛を丁寧に、包丁の背で削ぎます。
③種を抜いた梅干しを中におき、三角形に(中華ちまきの様に)なるように包んでいきます。

<食べ方>
皮の上から、中の梅を、ちょっと揉みほぐします。
三角形のどの頂点からでもいいので、目星をつけ☆、ちゅうちゅう~っと梅干しを吸い出します。

たけのこの何とも言えない味がして、そのうち、すっぱい梅干しに、きゅ~っとなり、その後は、たけのこと梅の味のコラボとなり、素朴で美味しい代物です。
「昔の人は、こんなおやつを食べていたんだな~」としみじみと思うのでした。

そんな、情緒たっぷりの私の横では、
欠食児童の息子二人が、がっつり三角形の包みに食いついているのでした・・・(@_@)!
彼らは、初めこそは、ちゅうちゅう吸っていたのですが、終いには、噛んで梅干しを引っ張り出し、とうとう最後には、包みを開けて残った梅干しを食べていました~(-"-);
ものの1分で完食・・・
情緒とかという言葉とは、ほど遠い二人なのでした・・・(ToT)/~~~

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

theme : 料理
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まみのこ(ぽぽまま)

Author:まみのこ(ぽぽまま)
料理好き・発酵好き・純米酒大好き
もちろん、わんこも子どもも大好きだよ~

お願い<(_ _)>
レシピの無断での持ち出しはしないでくださいね。 ご理解の程、よろしくお願いします<(_ _)>
ランキングに参加してます
「ぽちっ♪」とお願いします
ええっい!もうひとぽちっ♪っとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク:お気に入りのブログ♪
月刊アーカイヴ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。